【GatsbyJS】ブログにGoogleAnalyticsを導入した

2020-05-05
hero画像

はじめに

おはようございます!こんにちは!こんばんは!
のふのふ(@rpf_nob)と申します!!都内のスタートアップでフロントエンドエンジニアとして働いています。

今回は GatsbyJS ブログに GoogleAnalytics を導入して、訪問者数などの情報を取得してみたいと思います。
せっかくブログやるなら訪問者数とか意識していきたいですよね。

基本的には公式ページの内容通りやればできます。

前提

このブログは GatsbyJS の gatsby-starter-blog のテンプレートから作成しています。


ソースコードはこちら(参考になったという方は ⭐️ をポチッと押していただけると嬉しいです〜 🙇‍♂️)

GoogleAnalytics のセットアップ

GoogleAnalytics のサイトへアクセス

GooglaAnalytics のサイトへアクセスすると以下のような画面になるので、[無料で設定]ボタンをクリックします。

img1.png

GoogleAnalytics のアカウント作成

Google アカウントにログインしている状態で、サイトにアクセスすると以下 5 ステップで設定していきます。

  • アカウントの設定
  • 測定の対象を指定する
  • プロパティの設定
  • 利用規約の同意
  • GoogleAnalytics の情報をメールに配信するかの設定

アカウントの設定

以下のような画面になるので、GoogleAnalytics のアカウント名を設定します。
一般的には、アカウント名は会社名をつけることが多いらしいけど、今回は個人ブログなので、ブログで使っている名前で設定しました。

img2.png

測定の対象を指定する

次に測定の対象を指定します。
今回はブログなのでウェブを選択しました。

img3.png

プロパティの設定

次にプロパティの設定をします。
ウェブサイト名・URL・種類・タイムゾーンを設定していきます。

img4.png

利用規約の同意

日本の利用規約に変更して、チェックして同意します。

img5.png

GoogleAnalytics の情報をメールに配信するかの設定

GoogleAnalytics の情報をメールに配信するかの設定ができます。
こちらは後からも変更できるので、一旦全てチェックしました。

img6.png

Gatsby の設定

次にページビューを GoogleAnalytics アカウントに送信するように Gatsby 側の設定をしていきます。

プラグインのインストール

プラグインをインストールします。
[gatsby-plugin-google-analytics]が必要なのですが、自分はもともとインストールされていたのでインストール不要でした。

npm install --save gatsby-plugin-google-analytics

プラグインの適用

インストールしたら、[gatsby-config.js]にプラグインを追加します。
こちらももともとほぼ記載されていたので、トラッキング ID を変更するだけでした。

gatsby-config.js
module.exports = {
  plugins: [
    {
      resolve: `gatsby-plugin-google-analytics`,
      options: {
        // replace "UA-XXXXXXXXX-X" with your own Tracking ID
        trackingId: "UA-XXXXXXXXX-X",
      },
    },
  ],
};

GoogleAnalytics を確認する

これで適用できているはずなので、確認してみましょう。
まだ、始めたばかりなのでアクティブユーザーが 0 人・・・頑張ります!!

まとめ

今回は GoogleAnalytics を導入しました。
今後訪問者が増えていくように、いろいろ試行錯誤したいと思います!!

他にも GatsbyJS のブログカスタマイズをいろいろやっているので、以下もあわせてご覧いただければと思います。



最後まで見ていただきありがとうございます!!


©2020-2022.のふのふ🀄All Rights Reserved.